すみれブログ
まだまだガラケー?
2018年04月16日

なにを血迷ったのか、80過ぎの高齢の親から今使っているガラケーからスマホに乗り換えたいとの電話があった。

 

いままでパソコンはおろかメールすらやったことがないのにいきなりスマホなんて使いこなせるのか?と思ったが、まわりのお年寄り達の影響だろうか?一度どういったものか自分でも使ってみたいとのこと。

 

まぁ、老い先短い人生だから好きにすればいいと応えておいたが、朝一番に近所のド○○ショップにいったところ年寄りでも使えそうとのことで店員から勧められたスマホの料金が月々8000円以上もかかることに驚いて止めにしたそうだ。

 

そりゃ、いまどきの売れっ子俳優を使ったCMをゴールデンタイムにバンバンをうつわ、日本国中至る所に○コ○ショップがあるわーで、そのお金は結局全てユーザーの懐から賄うわけだからそのくらいは当然といえば当然だが、それまでタダ同然(私名義)で携帯を使っていた立場から考えれば相当高額な出費に映ったようだ。それと大手キャリア特有の一般人には理解不能な複雑怪奇な料金体系にも不信感を持ったようだ。

 

わたしはというといまだにガラケー派でスマホは一応持っているがいわゆる格安SIMで月々の支払いもわずかだ。

 

なぜ、いまだにガラケーかというとだいぶ老眼が進行してきてスマホの小さい文字をみるのが苦痛になってきたというのが大きな理由の1つだが、なんといっても操作が簡単で電池持ちがいいというのはスマホにはないガラケー最大のメリットだ。そもそも実際に通話するのは外出先で急ぎの場合だけだし、一度満充電にすると1週間程度は電池がもつわけでいざというときの電池切れという心配がないのがいい。

 

その一方、スマホにはスマホなりのメリットもあるわけで外出先での調べ物や電車の乗り換え情報の検索等の点では到底ガラケーは及ばない。アプリも豊富でちょっとした暇つぶしにはとても便利だ。

 

といっても2台ももって出歩くのは面倒だからそのうちスマホに集約するつもりだが、MNP転入の手続やらスマホの買い換えやらいろいろ面倒なので当分2台持ち状態が続きそうだ。

 

しかし、昔に比べると電話機やその環境も大きく変わった。

 

私の生まれ育ったところは福島県の中通りにある田舎だが、それでも物心ついた頃には既に自宅に電話が引いてあった。

 

たしか、こんな電話機だったと思う。

41M-K_m1

 

 

 

 

 

ご覧のとおり、ダイヤルもプッシュボタンもない。どうやって使うかというと実は極めて簡単で、受話器を取ってから筐体の横にあるハンドルを手でグルグルと回すだけだ。原理はよく分からないが、その手回しハンドルを回すと近くの電電公社の交換手に繋がるから、その交換手に対して通話先の名前か電話番号を伝えるだけである。

 

そういえば、子どもの頃いちどこの電話機を使って友達の家にいたずら電話をして遊んでいたらいきなり交換手が出てきて怒られてしまい驚いた記憶がある。今では考えられないが通話内容は筒付けだった。のどかな時代である。

 

ちなみに私の世代でもこれは↓さすがに知らない。たしかジブリ映画のとなりのトトロで出てきたものもこれだと思うがどうやって使うのでしょう。

88b

 

 

 

 

 

それから暫く経ってこんなダイヤル式の電話機になった↓。

91APT+PBVJL._SL1500_

 

 

 

 

 

いまの若い子たちは使い方が分からないようだが、これも極めて簡単で、数字が書いてある穴に指をいれてそのまま右端まで回して離すだけだ。右端まで回すとバネでそのダイヤルプレートが自動で戻り、その戻る時間がその数字に対応しているため、電話番号の桁数だけそれを繰り返すだけだ。

 

むかしフィンガー5というアイドルグループがいて、「指の震えを抑えつつ、僕はダイヤル回したよ、君のテレフォンナンバー6700…」とかいう歌詞があったが、以前の手回し式のものやその後のプッシュボタン式の電話機の時代ではできない歌詞だっただろう。

 

このダイヤル式の電話機はその後長く続き、私が大学に通うために上京してきた頃まであったと思う。ただ当時は電話を引くためには高額な電話加入権を買わないといけない時代だったため、上京当時は貧乏でとりあえず電話機を持つのが当座の夢だった。

 

それから2~3年程たってアルバイトで貯めたお金でようやくアパートに電話を引くことができた。それまでは緊急の連絡は大家さんからの呼び出しか、公衆電話しかなかったため、初めて電話機をもてたときはとてもうれしかった記憶がある。

 

そのときの電話機がこのタイプ↓。

pushphone

 

 

 

 

 

それまで主流のダイヤル式からプッシュボタン式に変わった。ジーコ、ジーコというダイヤル式の音からピッ、ポッ、パッの音に様変わりした。

 

公衆電話も10円玉を使う赤電話からテレフォンカード式のものに変わった時代だ。

kyno430-img450x600-1405942536ptmsbp14921

 

 

 

 

 

af6d030a-s

 

 

 

 

 

またこの頃に携帯電話が出回り始めたが、当時契約のためには高額な補償金と月額料金、通話料が必要であったため、一般庶民には高値の花であった。バブルの不動産投資等で大儲けした一部のお金持ちしかもてなかった時代である。

59311530-2f22-4a36-a5ac-85df84180a40

 

 

 

 

 

それでも瞬く間に携帯電話が普及すると当時に、小型・軽量化して誰でももてる時代になった。私が最初にもった携帯電話がこれ↓

yo_p201

 

 

 

 

 

 

 

「ドニーチョ」という通話頻度が少なくなる土日祝日と夜間しか使えない安価なプランだったが、外出先でも車の中でもどこでも使えるのは感動したものだった。

hqdefault

 

 

 

 

 

その後からいまのスマホに至ってはいまさら書くこともないが、スマホに至っては数字のボタンすらなく単につるつるの硝子板をなぞるだけで操作できるなんて、手回しハンドル式の時代には想像すらできなかったと思う。

 

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ

「いきなり!ステーキ」が特許の取消訴訟提起!
2018年03月22日

「いきなり!ステーキ」といえば、おいしいステーキを立ち食いスタイルで安く提供するビジネスモデルで急成長のステーキチェーンで、弊所の近くにある柏店もお昼休みには行列ができるほどの人気ぶりです。

 

このお店を運営する株式会社ペッパーフードサービスは、店内での独自のサービスについていわゆるビジネスモデル特許として出願し、一昨年に特許を取得しています。

 

ところが、その特許の内容(発明)が通常であれば到底認められないようなもので業界ではちょっと話題になりました。

 

この特許の内容については多くの弁理士ブログで書かれていますので詳しいことは割愛しますが、要するに特許法で認められていない発明に対して特許が為されているのではないかということです。

 

もし自分が相談を受けたら「これは出願しても無駄ですよ」と切り捨てるような内容でしたので、これをみたときには「これが特許になるのか?」と少し驚くと同時に安易な判断はできないなぁと思った覚えがあります。

 

この特許については案の定おかしいと考える人がいて、特許になった直後に特許庁に対して異議申し立てがなされました。その結果、昨年末にその異議申し立てが認められて特許が取り消しとなりました。

 

この特許取消し決定については、「特許権の権利範囲はそれほど広くないし、ビジネスに影響もないだろうから不服を申し立てることはないだろう」というのが大方の見方だったようですが、ペッパーフードサービスは、この特許庁の判断に対して特許庁を相手取って決定の取り消しを求めて知財高裁に訴訟を提起したようです(平29行ケ10232)。

 

ちょっとややこしいですが特許庁による特許の取消決定を取り消すための行政訴訟です。

 

高裁での結果はどうなるか分かりませんが(おそらく負けるでしょう)、もしこの話題を多くのマスコミが報道すれば相当な宣伝効果が得られるし、当分の間は引き続き「特許取得」の宣伝文句を使えますので、どっちに転んでもペッパーフードサービスには損にならないでしょう。

 

しかも民事訴訟ならともなくこの手の行政訴訟は特許をとった弁理士がそのまま代理人になれますので訴訟費用もせいぜい数十万円で済みます。仮に高裁で負けても最高裁まで行くでしょう。私が顧問だったらそうアドバイスします。

 

この会社の一瀬社長は「『俺のイタリアン』を視察してこの『いきなり!ステーキ』の業態を検討した」とのことですが、転んでもただで起きない優秀なビジネスマンですね。

 

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ

新年あけましておめでとうございます
2018年01月4日

新年あけましておめでとうございます。

 

旧年中はたいへんお世話になりました。

 

初詣は平成の大修理が終わった日光東照宮に行って参りました。

 

今年は更にパワーアップして皆様の知的財産の創造、保護、活用に全力で頑張りたいと思います。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ

シャネルのコピー商品はやばい!
2017年12月27日

最近知ったのですがエルメスのバーキンなるバッグは数百万円もするようで、安いものでも50万円以上、高い物になると1千万円近くになるようです。もはやここまでになると実用品というよりも美術工芸品というか投資の対象ですね。

 

通常こういった海外の高級ブランド品の場合は日本にある正規代理店で購入するのが一般的ですが、いわゆる並行輸入という方法によって正規代理店以外からも手に入れることができます。

 

並行輸入ならば正規代理店で買うよりも幾分安く手に入れることもできるし、本物である限り知的財産権の侵害にもなりませんのでお勧めです。まぁ、いずれにしても私のような貧乏人には縁の無い商品ですが。

 

ところでAmazonで検索するとこのバーキンのコピー商品が出るわ出るわ、その殆どが数千円といった激安で売られています。なかには「エルメスのバーキン風」とか、ほとんど商標権侵害だろ、というような野放し状態です。

 

エルメスはあまりうるさくないのかなぁと思い、他のブランドで検索してみました。すると、ルイヴィトンやプラダの場合はコピー商品は殆ど無かったのですが、なんとシャネルはコピー商品だらけです。画像を載せるのは控えますが、正規代理店で買うと数十万円もするもののコピー商品が数千円程度で売られており、出品者は殆どが個人の転売業者のようでかの国で作られたニセモノばかりです。しかも並行輸入品とかいかにも本物のような記述を入れている点はかなり悪質です。

 

ブランド保護にはやたらうるさいシャネルがなぜ放置しているのか不思議ですが、これはかなりやばい状態です。暫く放置してそのうち一網打尽にするつもりなのでしょうか。商標権侵害は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金というかなり重い刑罰が科せられますので軽い気持ちでやっている転売業者はすぐにやめた方がいいです。

 

Amazonにしても単に場所を提供しているだけで関係ないというわけにはいかないでしょうから、もし警察が動くようなことになったら相当な企業ダメージになるでしょうね。

 

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ

「弁理士の日」記念イベント2017を幕張で開催!
2017年11月9日

私が所属している日本弁理士会関東支部千葉委員会からのお知らせです。

続きを読む